忍者ブログ
パートナーと愛を深める方法やセクシーなランジェリー、コスプレなどの日記

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「胸でイク」訳とは

胸を触れられたり、揉んでもらったりしてもらうのが好きなご婦人は多いですよね。
なかには胸が感じないという女性がいますが、「男性はなぜ?胸を揉むの?」とか
「どうして他の人は感じるの?」など不思議に思うことがあるようです。
胸を愛撫されるのが好きな人は、
胸だけでオーガズムを感じてイッタことがあるという人は多くいます。
では、なぜ胸の愛撫でオーガズムを感じるのか仕組みを紹介しましょう。





胸の愛撫でオーガズム?

女性の胸は、とりわけ性感を得る性感帯があるわけではないのです。
胸が感じる人は、旦那様や彼がしてくれる胸の愛撫は触り方や揉み方が違っているので
女性が胸で感じる快感はいろいろです。
乳首をグイッと強めに刺激されるのが好きな人、胸全体を優しくなでられるのが好きな人
強く鷲掴みにされるのが好きな人…など様々です。

胸も他の部分と一緒で神経があるのですが、直接性感を感じる神経があるわけではありません。
ただ、乳首には神経が集中しているので感じやすくなっているわけです。
乳首は他の皮膚に比べてデリケートな部分なので
そこへの刺激によって感じるという女性が多いのです。
しかし、乳首は刺激に弱い部分だからといってそれだけでは性感を感じることは難しいのです。


胸が性感帯!?

女性は想像力で感じると言われることがあり、想像力が豊富ですから
H経験が深くなればなるほど、胸の愛撫から始まり他の性感帯への愛撫を連想させて
性感帯を刺激されたときのような深い快感、オーガズムを感じるというわけです。

さらには、普段は人にさらされることのないバストを
愛する旦那様や彼に見られるということ
そして、普段は自分しか触れないバストを愛する男性に触られるということ
羞恥心から興奮につながってオーガズムを感じるということも考えられます。

胸を触れることによって想像力が増して、経験を重ねるうちに自然に胸が性感帯となって
性感帯への刺激の期待をさせることで、オーガズムに達しているといえます。
オナニーする時、自分の胸を愛撫して、男性に触られている妄想をする女性も多いぐらいなので
胸への愛撫は、オーガズムにおいてかなり重要な要素を占めているかもしれません。

オーガズムを胸で感じる

胸の愛撫で感じるのは、個人差がかなり大きいです。
バストの大きさによっても違いがありますし、強く揉まれたいという人もいれば
優しく触れるか触れないかのように触られるのがいいという人や、
舌で乳首をペロペロされるのが良いという人もいます。

生理前後などで、胸が張っているときは、痛みを感じやすいので
いつもよりも少し優しく愛撫してもらうと、より快感を感じやすくなります。
個人差がありますが、
より皮膚が薄くてデリケート、かつ神経が集中している乳首は、
最も快感を感じやすい部位なので、特に集中的に刺激してもらうとよいでしょう。
繊維な部位なので、あまりにも強く歯を立てたりすると
慣れていないうちは痛みを感じてしまうかもしれないので
優しく慎重に愛撫していくことが良いでしょう。