忍者ブログ
パートナーと愛を深める方法やセクシーなランジェリー、コスプレなどの日記

あえぎ声の使い分け

感度が高まってすぐにあえぎ声を出したり、
男性につくすために、わざと大げさに喘ぎ声を出す人も少なくないのでは。
感度アップや旦那様や彼のテクニックを育てるために、あえぎ声で感度が高まって来て、
女性自身が今とのくらい感じているか、旦那様や彼にあえぎ声で教えるものテクニックに1つ。



「ハァ…ハァ…」
前戯前半の首筋、胸などの愛撫では「ハァ…ハァ…」と声を漏らすような吐息使いで。
前戯が始まっていきなり「アン、アン」と大きな声を出してしまうと、ちょっとわざとらしさが…。
まだ始まったばかりなのに大きな声であえいでしまうと、男性は不安に。
最初は吐息が漏れる程度に留めておくのがイイ感じになります。
吐息のような息使いだと、男性のヤル気度がアップしますよ。
最近、夫婦のセックスがマンネリ気味になっている人は、あえて吐息系でやると新鮮さがあります。

「…ァン…アン」
前戯後半、旦那様や彼の指が股間部分に触れてきたら「…ァン…アン」と声をもらすようなあえぎ声で。
思わず漏れてしまった弱く細いあえぎ声が、男性のツボを刺激して、さらに男性が興奮します。
旦那様や彼の耳元にささやくように、喘いでみて。

「アァ~~ン」
いよいよ激しさが増して、クライマックスになったら「アァ~~ン」と程よく大きなあえぎ声。
前戯では、おとなしかった女性が旦那様や彼のテクニックによって快感におぼれていく姿に、
男性の興奮はさらに高まります。
旦那様や彼の愛撫が性感帯を捉えて激しさが増してきたら「アァ~~ン!すごくイイ!」と声を上げてあげましょう。
旦那様や彼の気分を乗せることができれば、セックスの満足度はさらに向上するはず。です。


普段、無意識のうちに出ていたあえぎ声には、実はいろいろな種類のあえぎ声があります。
目的別にうまく使い分けて旦那様や彼とうまくセックスライフを送ってくださいね。