忍者ブログ
パートナーと愛を深める方法やセクシーなランジェリー、コスプレなどの日記

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あそこのしまりをギュッと良くする方法

旦那様、彼とベッドで愛の育みの中で、女性がふと!?不安になる「アソコのしまり」…
若いカップルは毎晩のように彼のものを受け入れたりするので、「ゆるくなっていないかなぁ」とか
結婚して子供を授かり「産後の後なので、アソコのしまりが…不安」
加齢と共にやってくる筋肉の衰えで自分が気付かないうちにユルユルに!!なんて言う不安が
女性ならでは誰にも相談できない悩みです。



アソコのしまりに自信を持っていると、旦那様・彼は必然と気持ちよさが増して喜ぶもの。
もっと気持ち良くなってもらいたいなら、「膣トレーニング」を行いしましょう。
膣トレーニングとは、少しいやらしいイメージになってしまいますが、
その名の通り、膣を鍛えることです。
膣を鍛えることで、アソコのしまりが良くなり感じやすくなったり、挿入時にイキやすくなったり、
濡れやすい体質になったりと、女性自身も旦那様・彼も喜べるカラダになります。
さらには、アソコのしまりを自分自身でコントロールできるようになるので、興奮度も高まっていきます。

そのほかにも、アソコを鍛えることで更年期の症状とも言える、尿漏れやゆるみ、
子宮脱などの症状を緩和・改善する働きがあります。
また、女性ホルモンを分泌させる効果もあるので、今まで以上に女性らしいカラダになることも魅力的です。

「いつもと違う」と言わせる締りの良いアソコの作り方

アソコのしまりがゆるくなってくる原因には筋力の低下が1番の原因。
運動不足や加齢が関係しているので、適度な運動を必要です。
運動と言っても膣トレーニングは、「短時間でOK!」的な運動なんです。
早い人では3週間程度で効果が得られるほどです。
平均的には、1か月~1ヵ月半ほどの期間は必要ですが、少しずつ自分でも効果を実感できるので、
目標を持ってトレーニングに臨めるはずです。

膣トレーニング
膣トレと言っても、複雑な運動をするものではないのです。
1、体をリラックスさせて、立った状態で肩幅くらいに足を開きましょう。
2、ゆっくりと息を吸い、膣をキュッと締めます。
3、しめた状態をキープして5秒間、ジッとしてます。
4、5秒数えたら、ゆっくりと体の力を抜いておしまい! 
これを3回繰り返し、1日に3セット行います。
とにかく膣を締めるイメージを大切にすることが重要です。
 
膣トレ専用のアイテム
最近では、膣トレの効果をより効率化するための「膣トレ用のアイテム」もあります。
実はこの「膣トレ用のアイテム」が可愛いデザインのものが多くて、
内緒でトレーニングをしていても、変に勘ぐられることはありません。


ひょうたん型のボールを膣内に入れて、ボールが落ちないように
「アソコをギュッと締め続けてキープするだけ!!」
お風呂に入っている時などに簡単に鍛えられます!
※ひょうたん型のボールの詳細はこちら↓


始めて使った時は、ポロンと落ちて上手くキープできませんが、
トレーニングを継続していると…アソコのしまりをコントロールできるように!
コントロールができるようになると、挿入時にはアソコをしめたい時には、よりしめられるようになり
男性がイキそうな時には、ゆるめて長く持たせるようにコントロールができるようになりますよ!


性感帯は脳から!?

ベッドで旦那様や彼氏との肌の触れ合いは女性の喜びの1つに入ります。
旦那様や彼氏と肌を触れ合うなかで、男性が頑張っているのに感じるポイントが少なく演技をしている女性は少ないそうです。
女性がさらになる快感を覚えるためには性感帯を覚える「性感の脳が開発していること」が重要なポイントになります。

性感帯は脳から!?
一般的に女性の感じる部分と言うと、乳首や、陰部のクリ。
しかし、快感を覚える以前、少女だった頃は乳首に触られると、まずはムズムズしたような感じがしたと思います。
やがて経験を重ねるようになり、脳が気持ちよいと判断しているから「感じる」という快感に変わってくるのです。
そのように考えると、「不感症」という言葉はあっても、
女性は誰でも感じられる体をもっていると考えられるかもしれません。
感じない1つの要因は、心にセーブをかけることで性感帯の大本になる脳の開発が遅れているだけなのです。

脳が開発させると…
快感を覚える脳を開発させる事ができると、女性の感度は大きく変わります。
肌が少し触れただけの小さな刺激に対しても、敏感に感じる事ができるようになるため、
濡れないせいで挿入が痛くなることはなくなるでしょう。
また、男性器を挿入した時の快感が今までよりずっと強くなり、オーガズムを感じやすい体に変化します。

どうやって脳を開発開花させる?
脳を開発するためには、女性の体にある多くの性感帯を刺激することが必要です。
性感帯は全身にありますが、性感帯は人それぞれでこの箇所と言えない複雑なものです。
例えば、手首が感じる人もいれば、背中強い快感が得られるという人もいます。
わきの下や足の指、わき腹などは、普段くすぐったい部分ですが、
セックスでは性感帯に変わったりすることは良くあることです。
ですから、旦那様や彼氏にはカラダを隅々まで愛撫してもらいましょう。
最低でも30分以上は、全身の様々な場所に触れてもらい、性感帯を探してもらうことが大切です。
女性の体に隠された性感帯を探すことは、女の喜びが1つ増えます。
より感じる部分を見つけることで、より良いエロティックなベッドライフを迎えることでしょう。


ラブグッズで感じるボディに!

大人のラブグッズ(バイブ・ローター)を1度も使ったことがない人は、
「ラブグッズを使ってみると…どんな感じなのかな?」
と未知の世界に疑問を持つもしれませんね。

もしかしたら「今のままで充分気持ちいいから必要ないわ」と思っている人もいるでしょう。
けれども「イッたことがないからイッてみたい」「気持ちいいと感じる場所が少ない」
「どこが気持ちいいのか分からない」など、自分が感じる性感帯がよくわかってなかったり
もっと楽しんでみたいという前向きさがある場合には、
ラブグッズを使用することをおすすめします!

ラブグッズであるローターやバイブの振動、ローションのヌルヌル感、
ラブコスメのじんわり感などは、人の手や舌では出せないものがあります。
ラブグッズを使うことによって、今まで感じなかった場所が気持ちいいと感じたり思うようになり、性感帯がグッと広がったり、より深く感じられるようになったりすることが多くあります。


ひとりHで性感帯を開発!

性感帯は触られてすぐに「気持ちいい」と感じられる場所ばかりではなく、
何度も刺激されるうちに気持ちよくなってくるところがあります。

たとえば、バストトップは、経験が浅い始めのうちは
「くすぐったい」「痛い」「気持ちいい」「特に何も感じない」
などさまざまな感想を持つもの。
気持ちいいと感じられるようになっても、
「そっと撫でられる」「舐められる」「振動が与えられる」など、
「どういう刺激が好き」なのかは人によって大きく違います。
彼とのエッチでうまく感じられなくても、まだ性感帯が開発途中なので、
「私は不感症なのかな?」と心配になることは無用です。
ひとりHで自分はどんな刺激が好きなのかを見つけてみればいいのです。

指、ローターやバイブ、シャワーの水圧などさまざまな刺激を与えてみて、
「こうすると気持ちいいな」というものを見つければ、
「もうちょっと優しく触ってほしいの…」などというように
彼とのHにも応用ができます。
というわけで、
ひとりHのときは、ぜひ積極的にローターやバイブ、ローションなどのラブグッズで
感じる体を磨く方法を探してみてくださいね。

おすすめのラブグッズ

女性専用のラブグッズ「iroha」です。




見た目がお菓子のような可愛らしさ。
触ってみると、すべすべで柔らかな感触です。
振動を楽しむのはもちろん、先端部分は挿入することもできます。
奥までは届きませんが、入口付近をまるで指でやさしく触れられているような、
ムズムズ感を楽しめます。