忍者ブログ

シャルルのlovely日記

20代、30代、40代女性のためのマンネリ夫婦から新鮮な愛を深める方法やセックスレス解消方法

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

性感帯Gスポット
「Gスポットって良く聞くけど、一体何?」と思いの人もいると思います。
Gスポットは性感帯の1部で、位置はちょうど恥骨の裏辺りにあり、膣の入り口から3~5センチほどのところにあるのがGスポットになります。
まだGスポットを知らないという人は、自分自身で開発したり、彼や旦那様にも協力してもらって未知の性感帯を開発していくと良いでしょう。
新たに女性自身が気持ちイイ場所を発見できると、感度も増して彼や旦那様も喜んでくれるはずです。



Gスポットの探し方
簡単にGスポットを見つけやすいのは、仰向けに寝そべり、膝を立て自分で中指を少々曲げながら入れて、指の第二関節が入り口に入るか入らないかというくらいのところにあります。
指の第一関節の腹が、触れている部分に、感触がちょっとザラッとした所がGスポットにあたります。中を触り比べると手触りが違います。
スポットっていうぐらい範囲はコインぐらいの大きさですが、Gスポットも性感帯なので、刺激を受けると膨らんだ感じになる人が多いようです。
また、Gスポットは性的な興奮状態の時以外では、まったくといっていいほど感じません。
自分でちょっと指で少し押してみると、その敏感さが分かると思います。



開発して女を知る
Gスポットは始めから感じるのではなく、少しずつ開発されて感じる性感帯と言われています。
刺激に慣れないうちは、痛く感じり、尿道に近い部分なので膀胱が刺激をされて「おしっこがしたい」と感じる時もあります。
自分に合わせたGスポットの刺激を繰り返し調整をしていくと、やがてその刺激が快感に変わり性感帯の開発になります。
開発されていくと、挿入でのオーガズムが感じやすくなります。

カラダがとろける快感
開発されて気持ち良さを感じてくると、Gスポットを触れられるだけで、カラダ全部の力が抜けるような感じになり、足がガクガクしてカラダ全体がトロケルような感じの感覚になります。
愛撫方法は、指の腹を使って押すのがポイント!
圧迫したり、小刻みに振るえさせたりして、円を描くようにして、自分が感じる方法をさまざま試し一番気持ちいい方法を見つけてくださいね。



コメント

コメントを書く