忍者ブログ

シャルルのlovely日記

20代、30代、40代女性のため性生活 H体験日記、セックスレス解消方法

夫婦でHお風呂日記
久しぶりに夫婦でお風呂に入ってウフフな時間を過ごせたh日記的ななにかです。



久しぶりに一緒にお風呂入ろう!
私が体を洗って上げる!!
体を洗ってもらう!
一緒にバスタブ!
お風呂上りは口で!!

久しぶりに一緒にお風呂入ろう!

夫婦揃って家にいる時間が長くなって、スキンシップやえっちも久しいし何だか私の気分がうずき始めたようで、
「ねぇ…あなた…またには一緒にお風呂はいらない?…」
「え!なにいきなり!」
「だって一緒にお風呂入れば、いろいろ節約になると思うのだけど…」
私のうずいてきた気分をごまかすように、様々な理由を言って久しぶりに旦那様と一緒にお風呂に入ろうということになった。

私が体を洗って上げる

いつもは旦那様と一緒にお風呂に入る場合は、旦那様が先にお風呂に入って後から私が入るのが習慣ではあるけれども…
今回は、服を脱ぐのから一緒に始まり、お互いにシャワーを浴びてから、私から旦那様の体を洗うことになった。

たっぷり泡立てたスポンジで背中から首へと洗い、次第に旦那さまと向かい合って首から胸、お腹そしてあそこを洗っていく。
あそこは後でと言わんばかりにスポンジでツンっと軽く洗い、洗い場所を太ももや脚に移しくいく。
一通り洗い終えたあと、スポンジから私の小さな手に変えて、立派になったあそこを小さな手にたっぷり泡を乗せて、えっちな気分になるように片手の手は乳首、もう片手で大きな玉袋をやさしく包むように揉んでいく。
揉むように玉袋を洗っていると、やはり旦那様は刺激に耐えらないようで、竿が立派に硬く立ってきた。

たっぷりの泡のせいでヌルヌルになった硬く立派に立ってきた竿を手で始めはゆっくりと上下にシゴキあげるように動かし、旦那様に表情を見ながら、硬くてビクビクした反応を楽しみながら竿を激しく上下に動かしたり、優しくしてあげたりで楽しんでいく。
「どう?気持ちいい~?」
「うん。気持ちいい~。 今度は僕が洗ってあげるよ」
私から旦那様のウフフな前位から旦那様から私にへと変わっていく。

体を洗ってもらう

泡だらけになった旦那様をシャワーで流し、最後にパクっと硬くなった竿を小さな口を大きく広げて咥えて仕上げる。
旦那様のえっちな気分も盛り上がってきて、旦那様はスポンジを使わないで泡立てたソープを手に乗せ、私の後ろに回り背中から洗い始める。

背中がぞわぞわするように優しく撫でるように洗い、背中から手が移動して足先から太もも、お尻へと優しく撫でるようにされる。
「…あん…」
私は思わず声を漏らしてしまうが、旦那様は気分が高揚してきた私の事を知らんぷりした顔をして大きな手を撫でるようにお尻から胸に移していく。
大きな手は私の胸をスベスベしながら包むように揉みはじめ、まだ刺激されて立っていない胸のまめを回すように指を当ててきて胸のまめを立たせてくる。
十分に立ってきた豆を弄ぶように指で挟んだりツンっと刺激して「ハァハァ」と私の気分や感度を上げてくる。

「ハァハァ」状態の私を待ってましたと言わんばかりに、旦那様の手は私のあそこへと伸びてくる。
始めは全体的にあそこを撫でアンダーヘアーまで撫で遊ぶように優しく刺激される。
私がウットリした表情へ変わっていくのを見る旦那様は、指をクリ部分にツンっと確執的に刺激はじめ、声が漏れるのを楽しむ。
ツンツンから激しく動かされる指の動きに、私の感度は急上昇していき
「アンッ、アンッ」
止まらない艶声。

もうそろそろだと言わんばかりに、旦那様の指が私の中に入ってくる。
チョロチョロ、ペチャペチャと指の動きに合わせて私の頭が真っ白に変わっていき、私は1度目を迎えた。

一緒にバスタブ

1度いった私は泡だらけになった体を旦那様に流してもらい、一緒にバスタブに入る。
覆いかぶさるように私を前に旦那様が後ろになるように入ってみるものの、私の腰部分には旦那様の硬い竿が当たっているのがわかる。
そう旦那様はまだイってなかっし、お互いに余韻はまだまだ充分に残っている。

後ろから腕を回し胸を揉んでくる旦那様と少し話をしている間に…
腰部分に当たっていた硬い竿がお尻に変わってくるのがわかると、旦那様は私の腰を少し浮かせてそのまま挿入してきた。
始めはチョンチョンと挿入して腰を動かしながら、話をして胸が浮くだの、体が軽いだのとお風呂に入りながらではのを楽しんでいると…
旦那様が我慢できなくなってきたのか、腰の動きが速くなってきた。
腰の動きに合わせてお風呂の水の音がチャプンチャプンとうるさくなってきたので、そのままの状態で立って「立ちバック」の体位に変更する。
水の音が無くなると、旦那様の腰の動きがMaxになって私の声がお風呂場に反響する。
たぶんそんなにうるさくないはず…
私の中で旦那様の硬い竿が熱く少し膨張をしていくのがわかると、私の中に竿より熱いものが出てきて、竿がビックンビックンして旦那様と私が同時にイってしまった。

お風呂上りは口で

お風呂の中の合体は、やはり汗がすごくなるもののシャワーを再び浴びてあがることにした。

私が2回で旦那様が1回では少し不公平感があるのではないかと考えて、私は旦那様をバスタオルで拭きながら最後に口で奉仕することにした。
1度イってしまってフニョフニョの物も口にくわえてしまえば、だんだんと大きく硬くなってくる。
「口の中で出しても良いのよ」と言わんばかりにいやらしい音を立てて口を前後に動かしたり、舌を使ったりする。
旦那様が小声で声が漏れてくる。
口の中では竿が熱くなりビックンビックンしながら汁が出てくるようになり、もう少しと思っていると…熱いものが出てきた。
私は吸うように熱いものを飲み干すと、旦那様は満足した表情をしていた。


こうして久しぶりにのんびり一緒にお風呂に入ったおかげで、2人の愛が再熱したのでした。




コメント

コメントを書く