忍者ブログ
パートナーと愛を深める方法やセクシーなランジェリー、コスプレなどの日記

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼をその気にさせる!アラサーからのタッチングの方法

若い年頃の頃は「早く気持ちよくなりたい!」と気持ちが早まることが多い傾向にありますが、
アラサーになり大人の雰囲気が出るようになってからは、少し心に余裕を持ち大人の色気で男性を誘うことがおすすめ!
好きな男性をセクシーに誘うコツやセックスに流れ込むまでの、自然なセクシーなタッチングでベッドに誘う方法をご紹介します。



デートで今夜は…と予感させる
さり気なく彼にタッチング

デートの時に自然にタッチングする方法です。
二の腕や背中、手の甲など、筋肉やがっちりとした体に触れながら、「筋肉すごいね」「ドキドキする~」など、
女性にはない男性の体特有の褒め言葉を添えるといいでしょう。
上半身であれば、いやらしい感じが自然な流れでタッチができるので、自然に距離を縮められます。
男性は単純なので、褒められると、上機嫌になります!
女性慣れしていない男性の場合は、予想以上の効果が期待できるはず。

男性の太ももに手を置いて
このテクニックは良くキャバ嬢が使うタッチングです。
会話中、彼の隣に座って、アイコンタクトを送りながら彼の太ももに手を置いてください。
太ももは、性器と近いため、ムズムズ感があり「局部への接触」を予感させることができます。
ただし、相手との信頼性によっては、不快感を与えてしまうこともあるため、カップル同士で使うといいでしょう。
間違っても、ファーストデートでいきなり試すのは、避けて!

気持ちが高揚して、いよいよベッド…
フェザータッチ

フェザータッチとは、羽のようなタッチで肌に触るか触らないかという、絶妙に優しく愛撫することです。
始めは、肩や首筋からはじめて、全身に手を滑らせるようにしながら、性感を高めていきます。
下半身だけは最後までお預けにしながら、フェザータッチを繰り返せば、焦らし効果で、彼の満足度はグンと高まるはずです。

敏感なところにタッチ
わき腹や腰骨、ビキニラインなど、男性でも敏感な所は、性感帯にあたる場合があります。
軽く爪をたてるようにして触ると、ハードな刺激が楽しめます。
ソフトな刺激と上手に使い分けて、彼の性感帯をくまなく刺激してみてくださいね。

男心をくすぐる「指への愛撫」
前戯の仕上げは、指への愛撫です。
手や指は感覚が発達した部分であると同時に、視覚からの興奮も誘える場所。
女性が指をくわえる姿は、男性に「オーラルセックス」のイメージを与えることができるので、エロティックに誘いたい時はおすすめ!
指と指の間の水かき部分を舐めたり、指をペニスに見立てて、フェラチオをするように舐めたりして、視覚と触覚の両方から彼を興奮させてみましょう。

愛のこもったタッチングは、セックスの満足度にも良い影響をあたえます。
彼の心と体を癒やす気持ちで、愛情たっぷりの触れ合いを心がけてみてくださいね

彼を喜ばす騎乗位のコツ、女性のテクニック


「彼ががんばって正常位で私に気持ちイイ思いをさせてもらったから、今度は私が上になって、たっぷり彼をら感じされてあげよう」と思っても騎乗位の上手なやり方やテクニック、気持ちよくさせる自信なナイ!
なんていう女性も多いと思います。
逆に考えて、私たち女性自身がもっと気持ちよくなっても良いと思ったほうが、騎乗位のコツを早く見つけることができると思います。
騎乗位といっても、じっくり互いが感じ合い、愛し合う方法なのですから、女性が快感を感じやすい方法、男性の快感を高める方法など、バリエーションはたくさんあります。
様々なやり方を試してお互いが納得いく騎乗位の腰の動かし方を見つけてください。

まずは、ゆっくり馴染ませる

彼のモノを手で握り、その上から受け入れる場所で、
そのまま前後にスライドさせて彼を高ぶらせましょう。
今度は女性が上になる番だと彼は心待ちになります。
受け入れる場所に馴染ませるように、こすり合わせると愛液の潤滑によって挿入が簡単になります。
彼のモノがお腹の方に反りあがっている状態で、下の反対方向に向きを変えると
角度がつき過ぎて痛みを感じてしまうことがあるので気を付けてくださいね。

ゆるやかに前後に動かす

彼を受け入れたら、緩やかに前後に腰を動かします。
小刻みな腰の動きではなく、なるべく大きく腰を動かすようにしましょう。
このとき上体は動かさず、腰だけで動かすように意識することがポイントです!
彼と両手と両手を握り合わせるようにして支えてもらうと、動くのが楽になるかもしれません。
そして、彼の様子を見ながら少しずつ腰の動きを早くしていきます。

突き上げるように

カラダを少し反らし、上にめがけて腰を突き上げるように動かします。
小刻みで早い動きを意識して、彼の太ももあたりに手を突いて少しだけ上体を反らせるのがポイントです。
あまりカラダを反らしすぎると、彼のモノが角度がついて痛みを感じてしまうので気をつけましょう。
また、女性のGスポットなど、気持ちイイ場所を探しやすい動きでもあります。

上下にはずんで

ベッドに脚の裏をつけた状態で、彼の上にしゃがみこむようなポーズになり、上下に弾むように動きましょう。
彼の腰から肋骨当たりに手を置くと、安定して動きやすくなります。
この動きは女性にも彼にもちょうど良いピストン運動になるので、動きが早ければ早いほど、
お互いを感じ、より快感も高まります。
彼の反応を確かめながら、足を閉じたり開いたりしてみるのも良い方法です。
足を開いた状態だと、彼の目線が自然につながっている部分を見ているため興奮しますし、
脚を閉じた状態であればより中の密着感が増して気持ちよさが増します。

バックスタイルで

彼の脚に向いた方向で挿入し、円を描くように腰を回して彼を刺激しましょう。
俗に背面騎乗位と呼ばれる体位です。
バックから挿入したときと似た角度になる為、後背位の体位が好きな彼は気に入るかもしれません。
この体位のポイントは、彼のもうひとつの感じる部分にとても触れやすいこと。
腰を動かしながら、無防備な彼の睾丸をさわさわと撫でてあげましょう。

抱きつくように

彼と向き合った状態で挿入し、彼の体に抱きつくように上半身を密着させます。
そのままお尻を上下させましょう。
お腹同士はくっついたまま、お尻だけ上下させるのがポイントです。
余裕がある時は目の前にある彼の乳首を指や舌でいじったり、口に含んでより官能を高めてあげましょう。
また、キスをしたまま行為をするのに最も適した騎乗位です。
彼の温もりを感じながら、二人でとろけあいましょう。

騎乗位は疲れる!?

上手な騎乗位の腰の動かし方の最も大きなポイントは「筋肉」なのです。
いつも彼だよりのHをしていると、Hに必要な筋肉が付かず、女性からのHが楽しめなくなります。
彼の快感を効率的に高める腰の動きを実現する為には、腰やお腹に一定の筋肉がないと難しいのです。
騎乗位のコツはテクニックというより経験なのかもしれません。
経験が少ないと、動きやお互いの感じるポイントがわからず、
どうしても力まかせになってしまい疲れてしまうのです。
毎回とは言いませんが経験を積むために積極的に騎乗位をして彼を喜ばせましょう。









女性のための同時イキのテクニック

パートナーと二人で同時にオーガズムを迎えるには「タイミングが重要」です。
同時にイキにくい理由は、男女の間で、イクまでの時間差があること。
中イキできるけど、女性がイク前に男性の方が早くイってしまうパターンなどが
これに当てはまります。
どうしても女性の方がイクまでに時間がかかりがちになってしまいますが
前戯にたっぷり時間をかけてもらえば
挿入時に良いタイミングで同時にイクことができます。

挿入からの同時イキにできるテクニック

乳首やクリに時々、刺激を加える
正上位で行っている時に胸やクリを刺激してもらいましょう。
「胸を揉んで」と言わんばかりに胸を突き出すのもいいし
自分でいやらしく触るのもいいです。

男性がイキそうになったら玉をひっぱる
もう少しでこっちもイケそうなのに、男性側がもう我慢できなさそうな時に
男性の大切な「玉」をひっぱりましょう。
もう既にイキそうになっている男性の玉は、キュッと上がってきているはずです。
それをやさしく手で下に押してやると、男性はイキにくくなる傾向があります。
それで少し時間稼ぎしてみてください。

相手の玉に手が届かない場合はこの方法が使えないので、
動きを一度止めてクールダウンしてあげるといいと思います。

コミュニケーション
大事なことですが、「どうせ同時にイケない」と諦めていたらダメです!
「もっと気持ちよくなりたい」「同時にイキたい」と男性と話し合い、前向きに臨みましょう。
また、大事なのは、イケなくても落ち込まないことです。
努力や工夫をしてすぐに結果が出るものではありません。
体質や相手との相性によって時間がかかる場合もあります。
相手が早めにイッてしまっても、自分が心身ともに満足するHが大切です。



        
  • 1
  • 2